First English Global College代表の本多です。

ジュニアキャンプもいよいよ英語の猛特訓に入ってきました。

みんなの仲も良くなってきて、とても盛り上がっています。

 

春休みのジュニアキャンプでガーディアン・ティーチャーを中心に打ち解ける

仲良くなるのは本当に早い!

すぐに打ち解けて、ガーディアン・ティーチャーを中心に仲良くなっていきます。

それが一番良いんですよね。

 

せっかく来たのに、仲良くなかったら楽しくないですからね。

 

「自分の子供は内気だから・・・」とおっしゃる保護者の方もたくさんいます。

しかし、実はすぐに打ち解けたりするものです。

小学生、中学生、高校生、みんな同じです。

 

春休みジュニアキャンプの目的は英語力向上

マンツーマンで英語を短期集中して覚えていきます。

特に発音はしっかり勉強してもらいたいんですよね。

↑何度も同じ単語の発音を繰り返しています。

 

実は、発音が出来ると、リスニング力も上がります。

自分が発音出来ない音はなかなか聞き取れないんですよね。

リスニング力向上の近道は、自分の発音力向上です。

 

これしかありません!

何度聞いても、自分が発音出来ない音は聞き取れないものです。

僕自身、徹底して発音の練習をティーチャーと一緒にしました。

 

春休みのジュニアキャンプのポイントはマンツーマン!

発音こそ、マンツーマンで学ぶべきなんですよね。

グループレッスンで発音って少し恥ずかしいです。。。笑

そして、自分が出来ていないところの指摘もされにくい。

 

英語の勉強は、アウトプットして、それを訂正してもらって、再度アウトプットをすること。

 

例えば、WATER(ウォーター)という発音、これって難しいんですよね。

これをしっかり自分で発音をする。

自分の発音をティーチャーに訂正してもらって、再度WATERと発音すること。

 

これが向上の秘訣です!

 

集中して学ぶことで、同じ発音が繰り返され、徐々に英語力は向上していきます。

 

ただ、今回の春のジュニアキャンプに来たからと言って、すぐすぐに全てが完全に出来るわけではありません。

この練習を繰り返すことです。

 

何でも同じですが、練習の繰り返しで向上します。

 

一生懸命練習をして、一旦習得すると、発音方法は忘れることがありません。

英語を使う時は出てくるようになります。

ただ、その発音を習得するのに、とても時間がかかります。

一回、ジュニアキャンプに来ただけでは習得出来ないかも知れません。

ジュニアキャンプは確実に良いきっかけとなるので、ジュニアキャンプ後にオンラインレッスンを受ける。

そして、更に、次のジュニアキャンプで習った英語を使う。

そうしていくことで普通に話せるようになってくるものです。

 

このジュニアキャンプで英語が完結する訳ではありません。

英語は連続した練習が必要です。

 

子供が日本語を習得するのにも時間がかかります。

子供は何年もかけながら言語を習得します。

 

途中から英語を覚えようとしているので、一回のジュニアキャンプでは身につきません。

連続した練習が必要です。

 

このジュニアキャンプを良い機会として、英語習得に熱心になってもらいたいです。

「あ!英語って勉強ではなく、コミュニケーション・ツールなんだ!」と気づくために。

そして、「あ!自分ってやったら出来るんだ!」という成功体験を身につけ、未来の自立した自分に会うためにです。

おすすめの記事