アイランドホッピングのご紹介

フィリピンは大小7,000以上の島から成る島国で、世界中のダイバーを魅了するダイビングスポットが多数ある、リゾートの国でもあります。

ジュニアキャンプでは、週末アクティビティの1つとして近くの島に行くアイランドホッピングがございます。

アイランドホッピングはセブ留学でも人気No1のアクティビティです。

平日にしっかり勉強したら、休日はアイランドホッピングで思いっきり羽を伸ばしましょう!

きっとセブをもっと好きになっていただけますよ。

 

アイランドホッピングの魅力
1.セブ地域の綺麗な海を楽しめます!
2.ビーチで泳いだり島内の散策も!
3.シュノーケリングで沢山の熱帯魚に出会えます!
4.ランチは美味しいフィリピン料理!

アイランドホッピングって何?

アイランドホッピングとは、本来は「島と島をつなぐ短い旅を繰り返しながら、大洋を渡ること」を意味します。(出展:ウィキペディア)

フィリピンの留学生の間では「休日にどこかの島に出かけること」という意味でよく使われる言葉です。

一般的には、授業のない日にマクタン島周辺の島にボートで出かけ、シュノーケリングやダイビング、マリンスポーツなどを楽しむことが多いです。

 

どこの島に行くの?

ジュニアキャンプのアイランドホッピングでは、ナルスアン島という島に出かけます。

ナルスアン島はジュニアキャンプ会場に近いマクタン島のビーチからボートで1時間ほどの場所に位置しており、ツバメウオの群れが大変人気のスポットです。

ナルスアン島のビーチからは沖に向かって桟橋が伸びていて、橋の上から海にチャポンと入れます。シュノーケリングをすると、必ずたくさんの熱帯魚に出会えますよ!

 

一日のスケジュールをご紹介‼

ジュニアキャンプの会場近くのマクタン島のビーチから、アメンボのような形をしたバンカーボートでナルスアン島まで移動します。

大型のバンカーボートの場合、50名まで乗船できます。


島に上陸したら、早速フリータイム!

ビーチ周辺で海に入ったり砂あそびをしたり…思い思いに南国気分を満喫しましょう‼

地元の人々が暮らす島内の集落を、大人と一緒にお散歩したりすることもあります。


シュノーケリングでおなかが空いたら、待ちに待ったランチタイムです。

ナルスアン島でのランチは、ビュッフェまたはBBQです!

メイン料理の後は、マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツも味わえますよ。


島内のシュノーケリングスポットでシュノーケリング体験!


ナルスアン島はビーチから沖に向かって桟橋があり、桟橋の上から海に入ってシュノーケリングを楽しめます。

ナルスアン島の海にはスズメダイの群れがいて、桟橋のすぐ近くでも沢山のお魚に出会えます!

エメラルドグリーンの海で熱帯魚に囲まれるのは、楽しいひとときですよ~!


海を満喫したら、1時間ほどかけてバンカーボートでマクタン島に戻ります。

 

 

泳げなくても大丈夫?

シュノーケリングは必須ではございませんので、泳ぎが苦手なお子様や、顔を水につけたくない方はシュノーケリングをせずにビーチ周辺でお過ごしいただけます。

ナルスアン島のビーチでは浅瀬にもお魚がいますので、足がつく範囲の浅瀬で海に入るのも楽しいものです。

仲良くなったお友達と写真を撮ったり、ビーチではしゃいだり、砂遊びをしたり…

泳いだりシュノーケリングをしたりしなくても、島の雰囲気を楽しんでいただけます。

 

 

ライフジャケットはありますか?

シュノーケリングをする場合には、ライフジャケットの着用が義務付けられています。

ジュニアキャンプのアイランドホッピングではもちろん人数分のライフジャケットを準備していますので、ご安心くださいませ。

なお、泳ぎが得意だからライフジャケット無しで深い場所に行ってみたい!というお子様も、安全のためライフジャケットを脱ぐことはできません。

 

 

ランチ代は別料金ですか?

ジュニアキャンプのアクティビティ費用にはランチ代・飲み物代も含まれておりますので、お支払いの必要はございません。

ランチメニューはビュッフェ又はバーベキューです!

 

 

貴重品の管理はどうするの?

ジュニアキャンプのアクティビティ費用・ランチ代は料金に含まれているため、アイランドホッピングの日も現金は必要ありません。

なお、皆様がシュノーケリングをしている間は、カメラ等はジュニアキャンプのスタッフがまとめてお預かりし、管理させていただきます。

生理が重なったら参加できませんか?

アイランドホッピングやプールの日に生理が重なったとしても、これらのアクティビティには問題なくご参加いただけますのでご安心くださいませ。

ジュニアキャンプは団体行動ですので、一部の生徒様だけ出かけずにホテルで待機していただくということができません。

プールや海には入らない場合でも、ひとまず皆様と一緒にお出かけいただくことになります。

生理中であっても、ご本人がお嫌でなければ海に入ってみんなと一緒に遊んでいただけますよ。

 

なお、シュノーケリングをしない場合は、他のお子様がシュノーケリングをしている間はビーチ周辺で待機というかたちになります。

これまでの例ですと、生理の生徒様は足だけ浸かったり、ビーチの周辺で遊んでいらっしゃいました。

ジュニアキャンプには、毎回大勢のお子様にご参加いただいております。

生理の生徒様が必ずいらっしゃいますので生理の方だけ集まっておしゃべりをしていらっしゃることもありました。

アイランドホッピングの日には、水着の上にショートパンツを穿いたり生理用品を工夫するなどしていただくと、気持ちの上での抵抗が少なくなると思います。

 


								
おすすめの記事